松坂大輔出典:full-count.jp


 

3月11日のオープン戦に登板した松坂選手。

 

懸念されていた体型、投球フォームも改善され、開幕ローテション入りも考えられるようにもなりました。

 

松坂選手、中日戦に登板

 

スポンサーリンク

オープン戦に登板! 松坂の投球内容は?

 

そんな松坂選手ですが、本日(3月18日)のオープン戦で古巣西武相手に先発で登板しました。
1回、2回は無失点に抑えるも、3回に1点を献上。

 

4回に連続四球を与え、2アウト満塁で足の違和感を訴えマウンドを降りました。

 

後を引き継いだ投手が打たれ、松坂は4失点。

 

71球を投げ、3回2/3を1安打4四球4失点 という結果に終わりました。

 

安打こそ与えなかったものの、やはり四球の多さが目立ちますね。

 

それ以上に心配されるのが、足の違和感というやつですよね。
大事にならなければ良いのですが・・・・

輝かしい実績を残してきた選手でも、やはり年には勝てないのでしょうか。

 

3年契約の最後の年、またもリハビリでシーズンを終えてしまうのでしょうか・・・・

 

【2017.3.20追記】
違和感の箇所は右足内転筋(脚をクロスさせたり、脚を内側に閉じる時に作用する筋肉の総称)で、
症状は軽いようですね。

 

スポンサーリンク