出典:www.geekpage.jp

 

先日、鉄腕DASH「プレコ」という外来魚を捕獲して食べるっていう企画をやってました。

 

これに対して、「プレコがかわいそうだ!」「かわいそうとか何言ってんの?」という意見が聞かれるので、私なりの見解を述べてみました。

 

それでは、ご覧ください!

 

スポンサーリンク

プレコの生態は?

主にアマゾン川周辺の熱帯域に生息しています。

観賞魚としても人気ですが、飼えなくなった飼育者が川に捨てた事により、沖縄では既存種を脅かすほど繁殖してしまっています。

 

プレコの寿命は種類にもよりますが、小型種で5年前後大型だと10年前後のようですね。

中には20年以上もいきるプレコもいるそうで・・・・

 

プレコの味は?

TOKIOが捕獲したプレコを高級料理店にもっていったのですが、そこの店員も調理したくなさそうな感じでしたね。

 

川魚ゆえ泥くさいようですが、現地ではよく食べられているそうです。

 

長瀬さんと城島さんも、美味しいといっていました。

 

まあ、一流シェフが丹念かけて料理すればどんな食材もそれなりの味になると思いますけどね。

 

美味しくなくても口には出せないでしょうけど・・・・(^^;)

 

食感としては、弾力があり魚よりも肉っぽいのようですね。

 

スポンサーリンク

 

プレコがかわいそうといった意見も・・・・

また、twitterではプレコがかわいそうといった意見が出ていますよね。

 

気持ちは分からなくはないですね。

例えば、これが魚じゃなくて犬だったとしたらいかがでしょうか。
多くの人がかわいそうと感じるのではないでしょうか?

 

でも、食べられる事がかわいそうというより、飼い主から捨てられた事がかわいそうだと思いますね。

捨てられなけば食べられる事もなかったでしょうから。

 

そのままにしておけば、在来種が壊滅するかもしれない・・・・

となれば、捕まえて飼うか食べるといった選択を迫られるのは仕方がない事だと思うんですよね。

 

まとめ

皆さんは、どうお考えでしょうか?

 

TOKIOは、番組スタッフに従ってやっているだけなので罪はないです(苦笑)

で、外来魚をなんとか食べれるようにするという意図があるため、番組スタッフも悪くないと。

悪いのはプレコを捨てた人だけです。

 

結論:プレコはかわいそう

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク