出典:blogs.yahoo.co.jp

 

4月17日の月曜から夜ふかしくくり猿の特集がされるようですね。

このくくり猿というものが気になったのでちょっと調べてみました。

 

興味のある方はご覧ください!


スポンサードリンク

くくり猿とは?

くくり猿とは京都の八坂庚申堂に奉納されているお守りになります。

 

一瞬、お手玉のように見えますが、これは猿が手をくくられている姿を表しているんです。
上記の画像をみると分かると思いますが、手足がくくられていますよね?(白い部分が頭です)

欲にかられないよう猿の手足をしばりつける事で、人間に対しての戒めの意味があるようです。

八坂庚申堂(金剛寺)の動画

八坂庚申堂(金剛寺)の動画がYoutubeにありましたので貼っておきますね。
くくり猿がでてくるのは、5分8秒あたりになります。

八坂庚申堂(やさかこうしんどう)の場所や料金は?

くくり猿がある八坂庚申堂の住所などは下記になります。

拝観料 無料
拝観時間 9:00~17:00
住所 京都市東山区金園町390
電話番号 075-541-2565


スポンサードリンク

くくり猿の値段は?

Twitterの情報によると、大・小ともに500円で売られているようですね。

 

ちなみにAmazonでもそれっぽいのが売ってましたが高めですね。

《茶道具・置物》2016年 干支飾り物 吊り下げ くくり猿 A

あとがき

いかがでしたでしょうか?

 

遠くから見ればカラフルできれいっちゃきれいですけど、猿がくくられてるのを想像すると怖い気もしますけどね・・・

「かわいい」という声も聞きますが、戒めの意味が込められているとの事なので「ちょっと違うかな~」なんて思っている自分もいたりします(^^;)

 

まあ、観光するだけなのに本質がどうのこうの語る方もアレなんですけどねw

細かい事言わずに見て楽しめればいいんですよ。

 

というわけで、最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク

こちらの記事もぜひ!!