6月15日の究極の○×クイズSHOW!!超問!真実か?ウソか?で、蛭子能収さんの日めくりカレンダーの紹介がされるようですね。

蛭子さんの日めくりカレンダーとは、一体どのようなものなのでしょうか?

気になりますよね。

というわけで、蛭子さんと日めくりカレンダーについてちょっと調べてみました。

 

興味のある方は、ご覧ください!


スポンサードリンク

蛭子能収さんの経歴は?

蛭子能収さんのプロフィールは以下のようになります。

本名 蛭子能収 (えびす よしかず)
生年月日 1947年10月21日
年齢 69歳
出身地 熊本県牛深市
出身校 長崎市立長崎商業高等学校

 

高校卒業後、地元の看板屋に就職します。
ちり紙交換やダスキンのセールスマンなどの職を経て、漫画家として活動を始めます。

蛭子さんの書く不条理漫画が注目を浴び、ヘタウマ漫画家として地位を確立します。

蛭子さんは、中学時代や看板屋に勤めていたときいじめにあっていたようで、その鬱憤を漫画にぶつけていたようです。

 

蛭子さんは会社時代の頃を以下のように語っています。

 

「自己主張は一切せず、何もかも上司の言いなりに動く会社員でした」

 

と、当時からサラリーマンとして働く事に疑問を抱いていたようですね。

蛭子さんの日めくりカレンダーの画像は?

Twitterに蛭子さんの日めくりカレンダーの画像がありましたので、載せておきますね!


スポンサードリンク

蛭子さんの日めくりカレンダーの評判・口コミは?

蛭子さんの日めくりカレンダーのAmazonのレビューを抜粋してきました。
参考までにどうぞ!!

カレンダーの販売店は?

カレンダーですが、1月あたりで売りさばいてしまうので店舗で入手することは難しいと思います。

Amazon楽天では、まだ売っているのでリンク貼っておきますね!(画像クリックで価格が見れます)

 

↓こちらがAmazonのリンクになります。

生きるのが楽になる まいにち蛭子さん(日めくり)

 

↓こちらは楽天のリンクになります。

あとがき

いかがでしたでしょうか?

 

蛭子さんは一見怠け者のように見えますが、実は深いところまで考えているのかもしれません。

カレンダーといえば松岡修造さんのものが有名ですが、こっちはある意味真逆のような気がしますねw

 

というわけで最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク