庵野秀明氏が代表取締役を務めるアニメ制作会社「カラー」が、ガイナックスに対して1億円支払いの訴訟を起こしていたそうですね。

本日、1億円全額の支払いを命じる判決が下されたようです。

というわけで、今回は庵野秀明さんについてちょっと調べてみました。

 

興味のある方は、ご覧ください!


スポンサードリンク

庵野秀明さんの経歴は?

庵野秀明さんのプロフィールは以下のようになります。

本名 庵野 秀明(あんの ひであき)
生年月日 1960年5月22日
年齢 57歳
血液型 A型
出身地 山口県宇部市
出身校 山口県立宇部高等学校→大阪芸術大学芸術学部映像計画学科退学

 

幼少時代からアニメや特撮などの絵をよく描いていたようです。
高校時代はその画力の高さから美術部の部長を務めていました。

大学時代に、超時空要塞マクロスの制作にアルバイトとして参加し、高い評価を受けます。

また、ジブリ作品「風の谷のナウシカ」の原画担当もしていました。

 

1995年には新世紀エヴァンゲリオンを監督し、大ヒットを起こします。

庵野監督はうつで自殺も考えていた?

庵野さんは、エヴァQを公開後に、ガイナックスの屋上に立ち、実際に飛び込めるかどうかを試していたとの事です。

仕事の打ち上げでも「自殺したい」としょっちゅう呟いていたみたいです。

あまりの激務で精神的にやられていたみたいですね。

庵野監督の奥さんは安野モヨコ

庵野監督の奥さんは、安野モヨコ(あんの・もよこ)さんという方のようです。
株式会社カラーの取締役で、漫画家なんですって。

「働きマン」っていう漫画が有名ですよね。


スポンサードリンク

庵野監督の動画は?

Youtubeに庵野監督の動画がありましたので、載せておきますね!

庵野秀明、カラー10周年で「エヴァ」「シン・ゴジラ」を語る

あとがき

いかがでしたでしょうか?

 

私も、エヴァの新劇場版は実際に映画館まで観に行きましたね。
「破」を観に行った時は、6時間以上待ちましたw

で、ひとつ言える事は、普通の精神状態じゃあんな作品はつくれないっすね(^^;)
どこかしら病んでないと難しいと思います。

エヴァ自体が有名になりすぎたので、そのプレッシャーも半端じゃないんでしょうね・・・・

果たして、新劇場版のラストはどうなるのでしょうか?

 

というわけで最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサードリンク

こちらの記事もぜひ!!